フード付きコート 1

フード付きコート 1

今シーズン3着目のアウターが完成しました!わーい。

1着目はこちら。2着目はこちら

今回はコートです。

コートを作るのは、去年のドットコートに続いて2着目。

グレーのショートジャケット、ドットコートも地はグレー、去年はグレーのニットコートも編み、グレーのアウターばっかりですが今回もグレー。笑

この後しばらくグレーのアウター作りは控えます( *´艸`)

グレーって好きなのでつい色んな丈や素材で揃えたくなってしまうのです。

今回はチャコールグレーのウール。遠目で見たら黒っぽくも見えるかな、という濃さです。

去年終わりだったか今年初めだったかにセールになっていた生地で。

I finished making my third outerwear this fall! Yay me! This time I used wool fabric and made a hooded coat!

使った型紙はこちらの"Female 2010 秋"より(今年のアウターはこの雑誌のこの号が大活躍!)、

The pattern I used is from this Japanese sewing magazine. Female 2010 fall. I'm using this magazine a lot this year for outerwear making!

ステンカラーコート。

The pattern I used

この号のアウターは秋用なこともありどれも裏地なし。

私はジャケットも今回のコートも総裏地にしましたが、見返しはパターンに載っているので裏地を作るのもそう難しくはありませんでした。

ただ、コートなどの裏地って袖ぐり部分なんかが確か独特なのですよね?

そういうところは独学の私にはよくわからないというか知らないことばかりなので、そろそろアウター作りの本を買って勉強せねばと思います。

接着芯なんかについても(使う種類や貼る場所など)こういった雑誌や本にはあまり詳しく説明がないので、ちゃんと勉強したいです。

それでね、最初はパターン通りステンカラーにしようと思っていたのですが、ふと、、フードをつけたい!と思い立ちまして。

もともとフード付きのデザインて好きなのですが、雪が降る地方に住んでいると便利なんです。

この辺りの雪はさらさらパウダースノーなこともあり、雪の時に傘をさす人はほとんどおらず、アウターのフードを被ったりニット帽を被ったり。おそらくカナダの多くの地域の人がそんな感じじゃないかな?

で、去年のドットコートが丸襟だったんで、今回はフードをつけてみることに。

フードのパターンはFemale 2011-2012 冬号より、

Female 2011-2012 Winter. The hood pattern I used is from this issue

ダッフルコートのフードを使いました。

The hood pattern

フードのパターンに合わせて襟ぐりも少し修正。でもほんの少しでほとんど変更しなくてよかったのでラッキーでした。

Hood

フードはマチ付き。

Back of the hood

今年はアウターをたくさん作って腕を上げたいというのが目標だったので、今まで作ったことのない玉縁ボタンホールにも挑戦しました。(玉縁ボタンホール=仕立ての良いお洋服、というイメージなので作ってみたかったのです。)

 

Welt pocket and bound buttonholes

 

タマブッちゃん(通称)難しかった〜。

工程自体は想像してたほど複雑ではなく覚えやすかったんです。でもそれを綺麗に均一にするのがすごく難しかった( ̄~ ̄;)

写真を見ていただいて分かるように、切り込み方が悪かったのかシワになってます。一応2つほど練習してから本番に挑んだのですが… 接着芯の種類や張り方も関係あるのかも。

あとね、もちろん計って作ったんですが実際ボタン止めてみたら、もうちょっと横幅を長くした方がすっきり見えたかな。ボタン止めるとボタンホールがパツパツになってしまいました。

箱ポケットの方ですが、箱ポケット自体は去年のドットコートで挑戦しましたがその時は縫い目を利用する方法だったので、今回のように切れ込みを入れて作る一般的な方法は今回初めて。

私、ハサミを入れるというのが緊張してすごく苦手なので、神経使いました。

でも箱ポケット、やっぱり見た目がシンプルで素敵!頑張った甲斐あり!

玉縁ボタンホールもね、綺麗に出来ていたらきっとそう思えたと思うんです。

でもいまひとつな仕上がりだからか、タマブッちゃんにあまり愛着を持てない。笑

魚の唇に見えてしょうがない。笑 ムニムニ動き出しそう!

そんな訳でうーん、毎回タマブッちゃんにしなくてもいいかな?と個人的には思いました。

新しい技を覚えるのは好きだし手芸の醍醐味の一つだと思っているのですが、玉縁ボタンホールに関しては私は無理に頑張って習得しなくてもいいかな、と。笑

手作業の細やかさは失われるかもしれないけど、ミシンで作るスレンダーなボタンホールもそれはそれで良い♪

きっと上手に出来てたらまた違う感想だったと思います。だって洋裁名人の作る玉縁ボタンホールはシュッとしててとても綺麗だもの。

またそのうちタマブッちゃん克服したいと思う時がやってきたらその時作ってみます〜。

趣味だから、自分の好きなようにやってみたいように作るのが一番ですものね。

So I'm pretty happy with the welt pockets. They're not perfect but turned out ok. I love how simple they look too!

On the other hand, I'm not sure if I'm a fan of bound buttonholes. I understand that clothing made with this particular buttonhole method is considered well-tailored but it might be just not for me. They kinda look like fish lips, no? I feel like they're too bulky also. I might have felt differently if they turned out as pretty and neat as I wanted them to be. Maybe they seem bulky because my skill isn't simply there yet. Anyways, I like the regular sewing machine buttonholes too, so I'll stick with that for now. Someday I might want to try making bound buttonholes again, who knows!

To be continued in Part 2!

なんだか長くなってしまったので、1と2に分けますね。

全体像はその2にて!

 

Sep 27, 2016

 

フード付きコート 2

フード付きコート 2

残り布でトートバッグ

残り布でトートバッグ