エルク・アイランド国立公園

エルク・アイランド国立公園

(旧ブログからの引用記事です)

(Archive from the old blog)

さて、今日はジャスパーとはまた別の国立公園を紹介します♫
今回紹介するのはエルク・アイランド(Elk Island) 国立公園。

ここは、野生のバイソンの保護地区となっています。
何度も訪れていますが、毎回確実にバイソンに遭遇する事ができる
動物好きにはこれまた楽しい国立公園。
他にも鹿やエルク、ムースなんかも住んでいるよう。
ビーバーや野鳥なんかもいます。

キャンプやピクニック、ハイキングなど様々なアウトドアアクティビティも楽しめる
この国立公園。
ハイキングコースは1時間くらいの短いものから、半日がかりの長距離コースまでたくさんあります。
都市部から近い場所にあるので、夏の間、特に週末は家族連れでにぎわっています。

ハイキング中、本当にたくさんの鳥の鳴き声を聞きました。
この国立公園にはものすごい種類の野鳥が居るようで、
バードウォッチングには最高の環境のようです。
白鳥やフクロウ、ワシなどの珍しい鳥も生息しているようですよ。

この日もやっぱり会えました!
道のすぐ脇で、お食事中の二頭。

良ーく見ると、舌がチョロっと出てるのがわかりますか?↓
かわいい~~(^m^ )

「道のすぐ脇」という距離感がよく分かる写真。↓

バイソンって大きな体してますが、
目がとっても優しくって、本当に愛らしいです。

こちらを向いてくれました♪

この日の夕日が、真っ赤ですごかったです!
サバンナの草原を想像してしまうような、燃えるような赤。

この日撮ったバイソンの写真は、ドライブ中に遭遇した事もありすべて車の中から撮りました。
結構車との距離が近かったので、そっと道の脇に停車して車からは降りずに、車中から眺めていました。

ジャスパー国立公園の野生動物同様、ここでもその点はしっかり注意が必要です。
普段は穏やかなバイソンですが、何せ体が大きいので万が一の事があったら大変です。
子連れの時期(春頃)はママバイソンは神経質になっているでしょうし、雄同士だと角を使って縄張り争いをする事もあるので注意です。

でも、刺激さえしなければ人も車もま~~ったく無視でのんびりと草を食べている、可愛らしい動物です。

ハイキング中、バイソンの落とし物を何度か見かけました。
なのでもしハイキング中にバイソンに出くわしたら…
とちょっとドキドキしながら歩いていた私。
結局ハイキング中遭遇したのは、リスなどの小動物や鳥さんたち。
バイソンに会いたい!とは思っていても、ハイキング中に対面するのはやはり緊張するのでほっとしました。笑

 

Oct 11, 2012

刺繍チュニック

刺繍チュニック

ショート丈の透かし編みサマーニット

ショート丈の透かし編みサマーニット