雪の結晶

雪の結晶

(旧ブログからの引用記事です)

(Archive from the old blog)

I'm in love with big fluffy snow... they are just so beautiful.

冬ならではのモチーフといえば雪の結晶。

カナダの中でも割と寒く乾燥しているこの辺りの雪は
サラサラのパウダースノー。
雪を丸めて雪合戦をしたり雪だるまを作ったり出来ないくらいサラサラしてます。
水分をたくさん含んだずっしりとした雪はあまり降りません。

サラサラした雪と一言で言っても、天候条件によって粉砂糖のような細かい雪だったり、フワッフワの綿を散らしたような大きな雪だったり、様々です。

フワッフワの大きな雪の時は肉眼でも結晶が簡単に確認できます。
つい先日も、そんな雪でした。

マクロレンズを持っていないので普通のズームレンズで撮影しましたが、ちゃんと写る大きさ!(iPhoneでも撮ってみましたがちゃんと撮れましたよ。)

大きな結晶同士が重なり合って積もっていく様がはっきりと見えます。

こういう時の雪は、「降る」というよりも「舞い降りる」という感じの、本当に優雅な光景です。

近づいて観察してると鼻息で飛んで行ってしまうくらいの軽い雪。

長年北国に暮らしている人の中には、寒いのは嫌!雪は飽き飽き!なんて方もたくさんいます。
そんな人でさえこういう雪の日は美しさに見とれてしまう、なんだか幸せな気分になっちゃう、っていう話をちらほら聞きます。
そのくらい美しい。

気温が低い日の夜は、昼間とは違った雪景色がまた楽しめます。
月明かりや街灯に照らされた雪が、まるでダイヤモンド散りばめたようにキラキラ、キラキラして本当に綺麗で幻想的で。
寒い日は外に出るのが辛いですが、そんな日にしか見れない光景も沢山あります。

 

Jan 10, 2016

グレーニットコート

グレーニットコート

もみじ9歳!

もみじ9歳!