カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 −野生動物編−

カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 −野生動物編−

(旧ブログからの引用記事です)

(Archive from the old blog)

A trip to Jasper, wild animals.

I love seeing wild animals in the mountains. That's why I respect them too (and for my own safety.) All photos are taken from appropriate distance with zoom lens.

ロッキー山脈には様々な動物が暮らしています。
有名なものだと、
熊:グリズリーベア/ブラックベア、
大型ネコ科:マウンテンライオン(ピューマ、クーガーと呼ばれたりもしますね)/リンクス
シカ系:ムース(ヘラジカ)/エルク/カリブー(トナカイ)/ホワイトテールディアー/ミュールディアー
ヤギ/羊系:マウンテンゴート(シロイワヤギ)/ビッグホーンシープ
野生の犬系:オオカミ/コヨーテ
あとはリスやマーモットなどの小動物や鳥といった所でしょうか。

魚だとトラウト系の釣りが盛んなようです。

私が今まで訪れた中で遭遇した事があるものは、
ブラックベア、エルク、鹿、ビックホーンシープ、リスなどの小動物、です。
ブラックベアはちょうどドライブ中の遭遇でした。
熊は安全なところから見る分にはとてもかわいいですが、至近距離での対面は遠慮願いたいですね。 夫は以前サイクリング中に熊と遭遇してかなり冷やっとした経験があるそうです。

エルクや鹿、ビックホーンシープや小動物はロッキーではほぼ毎回見る事が出来、
遭遇する事自体はあまり珍しい事ではありません。
熊はなかなかの幸運だったようで、この時の1回きりでそれ以来まだ遭遇したことがありません。

今回も、国立公園に到着してほどなく、すぐにこちらの子と遭遇。
悠々と道路を歩いていました(*^ω^*)

ヤギかな?羊かな?
角が1本しかなくてちょっと切ないです、どうしたんでしょう?

2日目に出会ったのがエルク。

このときもドライブ中に道の脇にいるところを発見。

と~~ってもかわいい顔してます。

造りもののように整った顔立ちです。

3日目もエルクを発見。この日見たエルク↓は前日の子よりもだいぶ大きかったです。
角もとても立派。

何度もエルクを見ていますが、おそらくこの彼が今まで見た中で一番体が大きかった気がします。迫力満点でした。

一緒に小柄な若いエルクもいましたよ。

エルクは人や車に慣れているので、恐れる事なくゆったりと道路を渡ります。
その間もちろん車はストップして個体や群れが無事渡り切るのを待ちます。

大柄なこの彼↓、こうしてみるとシシ神様みたいです~!

私だけでなく皆さん、距離を保ちつつ写真をパシャパシャ。

優雅に草を食べて、堂々と道路を渡った後は森の中に消えて行きました。

近くにはママエルクとベビーエルクも!

このように、国立公園内やその周辺ではエルクや鹿などが町の中や道路脇にも出没します。
ですので、動物注意の道路標識がありますし、制限速度も低めに設定されています。
特に暗い夜は野生動物が道路に居てもギリギリになるまで見えないですから、スピードを出しすぎないようにくれぐれも注意です。

また、どんなにおとなしい草食動物でも、危険を感じれば人を攻撃する事だって当然あります。
国立公園のガイド冊子に動物との距離の保ち方、注意の仕方などが書いてありますのでそちらを参考にしてみてください。
ネット検索すればおそらく日本語の情報もたくさん見つかるのでは?と思います。
ガイド冊子は、国立公園の入り口やインフォーメーションセンターなどで貰えます。

草食動物なら安全な距離を保ち大きな音を立てずに、動物を刺激しないようにしていればいくらでも観察する事が出来ます。

が、肉食動物となれば話は別。
熊は人を獲物だと認識して襲うことは本来あまりないようですが、熊自身が身の危険を感じたら人を攻撃するでしょう。
マウンテンラインが人を襲ったという報告もごく少ないようですが、万が一出会ってしまえば人を食料として襲われる可能性はあります。
特に小さなお子さんやペットは危険です…
ハイキング中など、お子さんは常に大人の近くを歩くように、ペットの犬は必ずリードを付けましょう。

国立公園内には熊などの野生動物が漁る事ができないようなしっかりした造りのゴミ箱がたくさん設置されています。
くれぐれも食べ物やゴミを置きっぱなしにせず、きちんとゴミ箱へ。
キャンプの場合は、食べ物や食べ残しを出しっ放しにするのは絶対NG。
こちらもゴミはゴミ箱、残りの食料は車の中などにしまいましょう、とキャンプサイトで説明を受けるはずですのでしっかり守ってくださいね。

また野生動物の餌付けも絶対にNGです。
国立公園の職員さんが説明をしているところに遭遇した事があるのですが、ある野生の熊が人間がきちんと後片付けをしなかった食べ物をあさり、それ以来町へ出没するようになってしまったんだそう。
何度も森へ返そうと試みたが失敗し、結局人の安全の為にその熊を撃ち殺さなければいけなかったそうです。
人の無責任な行動によって、命を奪われる野生動物。
そんなことがあっては絶対にいけません。

野生動物が住む森の中に居るのだ、という認識を常に忘れず、動物を尊重し安全に楽しみたいなと私も常々思っています。

きちんとルールを守りさえすれば、そこは動物好きの私にとってまさに楽園!
景色を見る為だけではなく、動物との遭遇を楽しみに毎回ロッキーへ出かけています。

さて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、2日目の記事に書いた「憧れの野生動物との遭遇」、今回の記事には書ききれませんでした!笑
無駄に引っ張るつもりはないのですが写真が多いので…あともう1回だけ、野生動物編が続きます。
ジャスパー日記はそれで最後になります。

 

Sep 26, 2012

カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 −憧れの動物編−

カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 −憧れの動物編−

カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 (3)

カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 (3)