手編みのセーター

手編みのセーター

(旧ブログからの引用記事です)

(Archive from the old blog)

今日は編み物の話題、もみじ用の手編みセーターです。

We live in Canada where it gets pretty cold in winter. Being at healthy but pretty light weight,  and having hair instead of fur, Momiji is not the most tough dog in the cold weather. 

So she wears a sweater when we go for a walk in colder months. All of them are hand knitted by me!
 

犬に服を着せるなんて…という意見もあるかと思います。
私も、ファッション目的だけで過剰な装飾のある服を着せるのは個人的にあまり好きではありません。

その一方で、服を着る実用的な意味もあります。
寒さが厳しい地方では防寒対策、
皮膚が弱い子は草などから肌を守るため、
毛の飛び散りを防ぐため、
皮膚疾患がある子は掻いてしまうのを防ぐため、
年老いて体温調節が難しい子、など。

このような理由で服を着せるのは動物が嫌がらない限り良いのではないかと思いますし、実際私もそうしています。

この本はまさに、私が好きな実用的でシンプル、
すっきりしたデザインで運動の邪魔にならないものばかりです。
説明も分かり易いと思いました。もみじの場合は主に防寒対策です。
まだ幼い頃に一度肌に湿疹ができた事があって、その時も引っ掻き防止のため一時的に服を着せていました。
こちらの建物は冬場保温がしっかりされているので、服を着せるのはお散歩に行くときのみ。

もみじのセーターやジャケットは不要な装飾品がない形自体はシンプルなデザイン、でも色やプリントがかわいいもの、というのを基準に選んで&作っています。

かわいいとはいってもプリンセスのようなかわいさではなく、カジュアル&ナチュラルな雰囲気のものが多いですね。もみじは多分そういう方が似合うと思うので(^-^)

私が参考にしている本は「手編みであったか、シンプルな犬のふだん着」俵森朋子さん著、河出書房新社 です。

この本はまさに、私が好きな実用的でシンプル、
すっきりしたデザインで運動の邪魔にならないものばかりです。
説明も分かり易いと思いました。

第一弾がこれ↓

もみじは毛色のせいか、男の子?と良く聞かれます。笑
私自身もピンク系よりブルー系の色合いが好きなので
いつもそう言うものばかり選んでしまうので…
珍しくこの時はピンク系を選んでみました。

背中にはリードを通す穴がついてます。

2着目がこちら↓

ノルディック柄♪
たぶんこれが初めての編み込み柄だった気がします。
それゆえあまり綺麗に編み込めてませんが…
去年だったかな?人間用の編み込みカーディガンに挑戦しまして
大作を完成させてちょっとは編み込みも上達した…と思いたいです。

次がこちら↓

この色合い大好きです。秋っぽくて。

最後がこれ↓

アラン模様のセーター。

ずっと編んでみたいデザインだったのですが、アラン模様が面倒そうでなかなか手がつけられず…
でもいざ編んでみたら、模様が見え始めるとあっさりスムーズに編めました。

すべて上記の「手編みであったか、シンプルな犬のふだん着」を参考にしています。
本に記載されているデザインそのままに編んだものもあれば、
形はそのまま、色合いだけ好みのものに変えて…というものも。

見えにくい写真もありますが、
どのセーターにも背中部分にリードを通す穴がついてます。
もみじはハーネス+リードなので、このリード穴は必須です☆
首輪も付けてますが、首輪は迷子札を付ける為に着用していて
お散歩はハーネス派です♪

どれも数年前に編んだものになります。
少しほつれかけても手直しして何シーズンも着てます(^-^)
編んだ本人の私は、手間がかかってるので大切に…と思いますが
着てる本人のもみじはそんな事お構いなしにガンガン遊ぶのでどうしても
少しほつれてしまったりします。
それでもちゃんと補修できるのがニットの良い所ですね(o^^o)

 

Aug 11, 2012

カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 (1)

カナディアン・ロッキー/ジャスパー 2012 (1)

もみじヘアカタログ

もみじヘアカタログ